土地分筆登記の実例

  • 金額    20万円
  • 期間    1か月
  • 土地の面積 1038㎡ 
  • 隣接  民 共有道路 官
  • 基準点   図根点2点あり
  • 地図    数値

事件の内容

宅地(現況:残土置き場)の一部を隣接者が取得し2筆にする分筆登記

おおまかな業務の流れ

①資料を集めて現地の状況を確認します。

②現地を復元します。既存の境界標との整合性を確認します。

③分割点を立会で決めます。復元した点についても民地と官地(市役所)の立会、確認をします。

④地積測量図の作成、申請書類の作成、写真の管理

⑤法務局に申請します。

⑥登記が完了します。 

あれこれ

現地は図根点(金属鋲)が2点あり、境界は構造物等で明確な部分があり境界標もそこそこ残っていた。

隣接は少し多かったが立会、確認がスムーズだった。

前の記事

地図について

次の記事

境界の復元について